ファッション

大量の服を捨てた元アパレル店員が服の減らし方を体系的に解説します【断捨離したい男女必見!】

ファッション
スポンサーリンク
迷える人々
迷える人々

服がたくさんあって管理できないから、減らしたい

クローゼットをスッキリさせたい

どんな服を手放して、残すべきかがわからない

手放しすぎて後悔しないか不安

めんすと
めんすと

こんなお悩みを解決いたします。

どうも、めんすと(@mensto_ism)です。

今回の記事を読んでいただければ、

  • 服を減らす方法が体系的に理解できる
  • 残す服の基準がわかる
  • 後悔しない服の手放し方がわかる

この記事を読まれているということは、以下のような状況を解決したいと考えられていることでしょう。

  • クローゼットがパンパンで、服を取り出すのに一苦労
  • 毎朝、服選びに10分以上かかっている
  • 自分の持っている服を把握できていない
  • 服の衝動買いが多い
  • 買ってから開封していない服がある

このような状況は、精神的にも衛生的にも金銭的にも良くないので、この後の服を減らす手順を踏んで頂き、ぜひクローゼットをスッキリさせてみてください。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロローグ|筆者の服の断捨離エピソード

本章の解説に入る前に、私めんすと(@mensto_ism)の服の断捨離エピソードをご紹介しようと思います。

私自身の経験を知って頂くことで、この後の解説がより信憑性のあるものになると思いますので、ぜひ読んで頂ければ幸いです。

ここからプロローグが長めになっております。
一刻も早く本章を確認したい方は、ここをタップして本章をお読みください。

200着から30着に

私が物を減らし始めた2018年中頃、当時、アパレル店員としてアルバイトしていたこともあり、クローゼットは服でパンパン、今日着る服を取り出すのにも一苦労でした。

めんすと
めんすと

所有している服を把握していなかったので、購入した服と同じような服をすでに持っていたなんてエピソードもしばしば…。

ミニマリストに目覚めて断捨離を進めていく中で、当然服も断捨離の対象でした。

意外なことにアパレル店員の割に、当時持っていた服にそこまでの執着がありませんでした。

なので、トップス15着・ボトムス5本・アウター10着・部屋着2セット・スーツ1着程度、残すと決めていた服を除き150着以上の服を一気に捨てました

めんすと
めんすと

気分爽快でした…!

そして、捨て終わってから、

持っている服、そして着ていない服を把握すること

この重要性に気づきました。

というのも、”服を選ぶのに時間がかかっていたこと”や”同じような服を重複して買ってしまうこと”が、服の多さが原因だったことを、捨てて初めて知ったからです。

オールシーズン30着での生活

現在は、オールシーズン30着の服(部屋着・仕事着含む)で生活するようになり、少ない服で生活することのメリットに気づきました。それは、

  • クローゼットがスッキリで、持っている服が全てわかる
  • 毎朝の服選びが1分もかからない
  • 服を買う時、慎重になる
  • 全部の服が現在進行形で活躍中
  • 持っているのはお気に入りの服だけ

一番大きいのは、クローゼットがスッキリしたこと。

クローゼットを開けた時の服の少なさ、服の取り出しやすさ、服の見つけやすさが格段に上がったので、純粋に生活の質が上がりました。

また服を減らすだけで、服の衝動買いをしにくくなり、結果的に節約につながっています。

このような体験から、部屋全体として物を減らしてよかったと感じていますが、特に毎日身にまとう服は、減らして本当に良かったと感じています。

減らして気づいたこと

以上が、私めんすと(@mensto_ism)の服の断捨離エピソードでした。

服を断捨離したことで、

毎日使う物ほど、厳選したお気に入りで少数に絞った方が、生活の質が上がる

ということに気づくことができました。

これはやった人にしかわからないことで、SNS等でもミニマリストが「服を減らそう!」とメリットや捨てる基準を載せています。

ですが、いざ捨てる手順や方法となると、手順が体系的にまとまっているものは少ないように感じます。

めんすと
めんすと

この記事を読まれているということは、すでにメリットを分かった上で、捨てる手順や方法が知りたいはずです。

なのでこの後の本章では、メリットなどの不要な情報は一才無しで、私の実際の経験も踏まえた、体系的な服の減らし方を解説していきます。

それでは見ていきましょう。

1|着ない服をピックアップ

服を減らすのに、まず最初にやらなければならないのは、

持っている全ての服を洗い出し着ない服をピックアップすること

正直、これが一番体力の必要な作業です。
ですが、これを超えた先に快適なファッションライフが待っています。

手順としては3ステップで、以下のような流れになります。

  1. クローゼットから全ての服を取り出す
  2. 着ていない服を捌ける
  3. 残した服をクローゼットに戻す

文字だけ見れば簡単そうですが、実際にやってみると結構大変です。

特に、着ていない服の仕分けが大変です。

  • まだ着れる服
  • 値段が高かった服
  • 昔、気に入っていた服 etc..

見れば見るほど「もったいない」と感じてしまうでしょう。

ただどんなに良い服でも、着ていないのであればその服の価値を引き出せていないです。

そんな服は手放して、そして手放す後悔を減らすために、今後買う服の判断基準を再確認しましょう。

買う服の判断基準は次章を参考にしてみてください。

2|残す服を決める

手元に残す服は厳選されていた方が、服を選ぶ際に迷わないです。

そこで残す服の基準を、服を200着から30着まで厳選した元アパレル店員の視点から解説していきます。

結論、以下5つのポイント全てに当てはまる服は残した方がいいです。

  • 着心地がいい
  • 汎用性の高いシルエット
  • 無彩色・アースカラー
  • 身体のサイズに合っている
  • 着たいと思える

めんすと
めんすと

私の場合、シンプルコーデが好きなので、こんな系統の服を残しました。

ただ、上記5つに当てはまる服となると、かなり限られてくるかと思います。

そこで、この中で特に大事な項目をピックアップすると、

  • 着たいと思える

こんな服は、まず100%残しましょう。
服を減らした後、服を選ぶときのワクワク感が全然違います。

ただ、その他4つのポイントも大事ですので、ぜひ押さえておいて頂きたいです。

以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

3|後悔しない方法で手放す

服の手放し方は色々とあります。

  • リサイクルに出す
  • 売却する(お店、宅配買取)
  • 捨てる(ゴミとして)
  • 家族・友人に譲る
  • リメイクして再利用する

ここでは、後悔しない服の手放し方をご紹介します。

結論から言うと、次の2つが後悔しないおすすめの手放し方です。

  • リサイクルに出す
  • 宅配買取

なぜなら、手放す時の罪悪感が無いから。

物を手放す時にただ捨てるだけだと、ほんの一瞬でも心のどこかで罪悪感が残るかと思います。

でも、リサイクルに出せば、別の物に生まれ変わって誰かの役に立ちますし、売却すれば、その物を本当に必要としている人が使ってくれているでしょう。

手放し方を意識するだけで、物を手放すのがとても快適で楽しいものになると思います。

服を手放す手順については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

まとめ

今回の内容をまとめると、手放す手順は以下の通りです。

  • 着ない服をピックアップして
  • 残す服を決めて
  • 後悔しない方法で手放す

決して簡単とは言いませんが、この手順通りに進めれば、間違いなく服は減らせます。

ミニマリズムは、

好きを強調する

これが本質だと私は考えています。

服がたくさんあると、好きな服は必然的に埋もれてしまいます。
他の着ていない服を手放して、埋もれている好きな服を強調していきましょう

この記事がご参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

Twitter

\画像をタップして、めんすとをフォロー/

\画像をタップして、めんすとをフォロー/

にほんブログ村参加中!
\記事が面白かったら、ボタンをポチッ/
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました