アイテム

【iPhone12mini対応】MOFT X(MagSafe対応)レビュー

アイテム
スポンサーリンク

どうも、めんすとです。

今回は、iPhone12シリーズ対応のマグネット式MOFT Xを購入してから2週間が経ったので、使用感をレビューしていこうと思います。ちなみに、「iPhone12miniには使えるの?」という疑問をよく見かけますが、私はiPhone12miniで快適に利用できています!ただ、注意点もあるので、合わせてご紹介します。

それでは、参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MOFT X(MagSafe対応)について

MOFT X(MagSafe対応)の値段

購入価格は楽天市場で¥3,180-でした。

前の貼り付けるタイプよりちょっとだけ高くなったようですね。でも、スマホスタンド・スマホリング・カードケースを一つにまとめたモノなので、総合的に見れば決して高いわけではなく、コストパフォーマンスは高い製品と言えますね!

MOFT X(MagSafe対応)の外観

MOFT X(MagSafe対応)の外観①
MOFT X(MagSafe対応)の外観②
MOFT X(MagSafe対応)の外観③
MOFT X(MagSafe対応)の外観④
MOFT X(MagSafe対応)の外観⑤

こちらが私が使用している「MOFT X(MagSafe対応)」のブラックになります。質感としては、艶消しの皮のような素材でサラサラとしていて、サイトで見るより実物の方が高級感があります。

何より、マグネット式なので気軽に取り外せるのが便利ですね!私の場合、在宅勤務でスマホを立てて置いておきたい時はMOFT Xにつけておいて、仕事が終わったら外してスマホのみを使う、という使い方もしています。

ブログの記事で取り上げようと思っていたのに、開封前の写真を撮り忘れるという失態を犯しました…。開封前の状態を知りたい方はネットで探してみてください。

ブロガーとしてまだまだな証拠ですね、反省します。

MOFT Xのできること

まず、MOFT Xをどのように使用するのかわからない方のために、MOFT Xのできることをおさらいしておきましょう。

  • スマホスタンドとして使える
  • スマホリングとしても使える
  • なんとカードケースとしても使えちゃう

では、それぞれの内容を詳しくみていきましょう。

スマホスタンドとして使える

スマホスタンド機能①
スマホスタンド機能②
スマホスタンド機能③
スマホスタンド機能④

1つ目の機能は「スマホスタンド」です。

これは「MOFT Xと言ったらこれでしょ」と言わんばかりの代表的な機能です。

スタンド部分は普段は折り畳んで置けるのですが、スタンドとして使用する時には指でスタンドを持ち上げて折り返すと、マグネットでパチっと留まってスタンドになります!

机の上にスマホを置いておくときに便利な機能で、私は在宅勤務の時はこの機能を使ってスマホを置いています。

iPad版やPC版もある!

今回はiPhone版のMOFT Xのご紹介ですが、iPad用やMacBookなどのPC用のスタンドも出ているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/moft+x/

スマホリングとしても使える

スマホリング機能①
スマホリング機能②

続いて2つ目の機能は「スマホリング」です。

使い方としては、先程のスタンドの状態のまま穴に指を通すとスマホリングとして使えるんです!お好みで色々な持ち方ができるのも嬉しいポイントです。

スマホリングといえば、スマホの裏にくっ付けるタイプで、丸いリングが付いているものが有名ですよね。でもあれって、スマホの画面を上に向けて机の上に置くとガタつくし、動画視聴する時にちょうどいい角度にならないし、、機能としてはスマホリングだけなんですよね。

でもMOFT Xの場合、3つの機能が付いているのにも関わらず、本体は薄く平らなので、机に置いてもガタつきがない、本当に発明のような製品です。

なんとカードケースとしても使えちゃう

カードケース機能

そして3つ目の機能は「カードケース」です。

これはキャッシュレス時代の今を生きる人であれば、誰しもが活用することができるような機能です。なんと、スマホ側の設置面とスタンド部分の間がカードケースになっているんです!

写真のようにカードを2〜3枚ほど収納することができます。持ち歩いているカードが少ない方なら、もはや財布は必要なくなるような、我々人類を身軽にしてくれるありがた〜い機能です。

地味に助かるカードケース機能

私の場合は、このカードケース部分に運転免許証を入れています。

ちょこっとスーパーに行く、ジムに行く、コンビニに行くならスマホ一つで出かけられるし、車も運転できてしまうので、個人的にQOLがググッと上がった機能です。

MOFT X(MagSafe対応)になって変わったこと

スマホスタンド機能 パターン①
スマホスタンド機能 パターン②

なにより今回のMOFT X(MagSafe対応)で変わったのは、貼り付けがマグネット式になったことです。気軽に取り外しができるようになり、付け方も縦・横と向きを変えて使用できるので、iPhoneで動画視聴する方にとっては使い勝手が格段に向上したのではないでしょうか。

ちなみに私はiPhoneでは動画視聴をしないので、この横向きに取り付けるのは使っておりません。(笑)

iPhone12miniで使用するときの注意

iPhone12miniで使用するときに注意すべき点がありますので、念のためシェアしておきますね。

  1. MOFT X(MagSafe対応)の幅が、iPhone12mini本体の幅とほぼ同じなため、横置きするとガタつく
  2. バンパータイプのケースを使用している方は、ケースの仕様によっては干渉して使えない場合がある

私が感じた注意点は上記の2点です。

横置きの例

1つ目の注意点は、ケースをつけていないiPhone12miniなら、例外なくガタつきます。これはサイズの関係で仕方ないことです。私のiPhoneはバンパータイプのケースを着けているのですが、それでも浮いてしまいます。

ガタつかない対策

しかし、もちろん対策はあります。上の写真のようにMOFT Xを横向きに付ければガタつかないので、はっきり言って取るに足らぬ小事です。(昌平君 by キングダム)

2つ目に関しては該当者は少なそうですが、念のため注意しましょう。

どんな人にオススメできるか

ここまで長々と書いてきましたが、結局のところどんな人にオススメできるかという点が皆さんの気になるところかと思います。ということで、オススメできる人をご紹介します。

  • iPhone 12シリーズのユーザー(必須)
  • スマホスタンド・スマホリング・カードケースのどれか一つでも使ってみたい方
  • 新しい物好きの方
  • 持ち物を減らして、身軽に動きたい方

大きくは上記の4点のどれかに当てはまる方にオススメできます。

値段としても、決して高くて手が出ないような金額ではないし、もうすでに「MOFT」というネームブランドが出来上がっているようで、要らなくなれば売ってしまえばいいんです。メルカリなどで購入価格の60%ほどの金額で売れているようですよ。

ちょっと気になるのであれば、試す価値はあるので、ぜひ!!

まとめ

いかがだったでしょうか。MOFT X欲しくなりましたか?

実は今までに、貼り付けるタイプのMOFT X2回、FoldStand1回購入しているんです。

でも、使用していくにつれて、「やっぱり薄いiPhoneをそのまま使いたい!」って言って剥がしてしまっていたんですよね。そして剥がしたMOFT XとFoldStandは友人に譲る×3回をしています。(学ばないスタイル)

でも今回のMOFT Xは「薄いiPhoneをそのまま使いたい症候群」の私にはぴったりで、飽きたら外して、付けたくなったら付ける、が気軽にできるようになったので、もう友人には譲りません。(笑)

気になっていた方の参考になれば、幸いです。

にほんブログ村参加中!

\記事が面白かったら、ボタンをポチッ/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました