ファッション

元アパレル店員が勧める服を選ぶ基準とオススメファッションサービス2選【ミニマリストの服選び】

ファッション
スポンサーリンク
迷える人々
迷える人々
  • 少ない服でオシャレを楽しみたい!
  • オシャレしたいけどどんな服を買えばいいのかわからない…
  • 購入した服が、いざ持ってる服と合わせたら微妙だった…
めんすと
めんすと
この記事ではこんなお悩みを解決します。

どうも、めんすと(@mensto_ism)です。

この記事を読んで頂ければ、

  • 元アパレル店員でミニマリストが勧める服選びの基準がわかる
  • 今後の服選びに失敗しにくくなる
  • オススメのファッション関連サービスが一気に確認できる

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

元アパレル店員が勧める、服を選ぶ5つの基準

元アパレル店員でミニマリストでもあり、これまで1000着以上の服を袖を通してきた私の、服を選ぶ基準をご紹介します。

私がご紹介する、服を選ぶ基準は以下の5つです。

  • 着心地が良い
  • 汎用性の高いシルエット
  • 無彩色・アースカラー
  • 身体のサイズに合っている

  • 着たいと思える

それでは詳しく見ていきましょう。

着心地が良い

迷える人々
迷える人々

着心地…肌触りとかですか?

めんすと
めんすと

そうです。

肌触りであったり、動きやすさを指しています。

私が考える、着心地の基準は4つあります。

  • 身体にフィットする
  • 肌触りが柔らかい
  • 伸縮性がある
  • 動きやすい

身体へのフィット感がある服は、体感的に着心地良く感じられます。

また、合成繊維の服でも”綿60%・ポリエステル40%”のようにポリエステルが混合されていると、伸縮性がありながら肌触りも柔らかいので、着ていてとても快適です。

汎用性の高いシルエット・デザイン

迷える人々
迷える人々

汎用性の高いシルエット・デザインとは、具体的にどんなシルエットですか?

めんすと
めんすと

具体的にはスタンダードなシルエットの服のことを言います。

アイテム別に例を出していきますね。

汎用性の高いシルエット・デザインの服の例は以下の通り。

  • トップス:ジャストサイズなYシャツ・Tシャツ
  • ボトムス:ストレート・テーパード・スリムシルエットなボトムス
    ※男女共通アイテムのみ

他にもタートルネックセーターや、女性で言えばロングスカート・ワンピースなども汎用性が高いと言えます。

ファッションにおいてシルエット選びはかなり重要です。
上記のシルエットのアイテムに共通して言えるのは、それぞれを組み合わせてもシルエットとしてまとまりやすいことです。

服を選ぶ際には、ぜひその服単品のデザイン性だけではなく今ある服との組み合わせやすさも視野に入れて選んでみてください。

無彩色・アースカラー

迷える人々
迷える人々

無彩色・アースカラーってどんな色ですか?

めんすと
めんすと

ちょっと分かりにくかったですね。

無彩色・アースカラーとはこんな色です。

▼無彩色

無彩色は、白と黒との混合で得られる色(白と黒自体も含む)の総称である。
白・黒・さまざまな濃度の灰色が含まれる。
「無彩色」という名詞は、彩度が0であることを表している。
引用:Wikipedia

つまり、無彩色とは白・灰・黒を指すということです。
誰しも、この3色に当てはまる服を1着は持っているかと思います。

▼アースカラー

アースカラーとは、地球の大地や植物などの自然物をイメージした茶色から緑色系の色を総称するアパレル用語。
引用:Wikipedia

例を挙げると、ブラウングリーンブルー※などが代表的な色です。
これも、少なくとも1色くらいはお持ちの服にあるかと思います。

》アースカラーの色見本はこちら

※ブルーはエコロジーカラーに含まれるという見解もあるそうですが、具体的な定義は無いため、ここでは、ブルーもアースカラーに含むこととします。

これらの色の服は、コーディネートに取り入れやすく、組み合わせやすいです。

ここからは、無彩色・アースカラーの服の組み合わせをご紹介していきます。

無彩色×アースカラー

グリーン×グレーの組み合わせ

無彩色×無彩色

白×ブラックの組み合わせ

アースカラー×アースカラー

くすんだグリーン×ブルーの組み合わせ

こんな感じで、それぞれ単色で組み合わせても、別々の色を組み合わせてもキマるのが無彩色・アースカラーの良いところです。

身体のサイズに合っている

迷える人々
迷える人々

今持っている服で、意外と身体のサイズに合っていない服があります…

めんすと
めんすと

それはあるあるです。
定期的に鏡で、服のサイズ感を確認しましょう。

人間、ライフスタイルが変われば体型もちょっとずつ変化すると思います。

  • 社会人になって、太った
  • ランニングを始めて、痩せた
  • 筋トレを始めて、筋肉が付いた
  • 運動をやめて、筋肉が落ちた

体型は変化するものなので、その時の体型に合った服を持ちましょう。

オススメのサイズ感は以下の通りです。

  • トップス:ボディラインが程よく隠れる
  • ボトムス:太もも周りに若干のゆとりがある

私が持っている服でサイズ感を表現するとこんな感じです。

ぜひ、参考にしてみてください。

着たいと思える

迷える人々
迷える人々

これを着たい!」って思う感覚ですね。

めんすと
めんすと

その通りです。手に取った時に「これだ」ってなる服です。

上の写真は、私のお気に入りの服です。

ここまで着心地・シルエット云々言ってきましたが、これを着たい!と思える服を選ぶのが一番だと思います。

なぜなら、着ている時の幸福感が段違いに高いから。

もちろん、ここまで挙げてきた4つの基準も大事ですが、着たいと思う服を着るのが一番です。

オススメのファッション関連サービス

それでは、ファッションに悩めるメンズ向けに私がオススメするサービスをご紹介します。

自分に似合う服が見つかるファッション通販『Dcollection』

こんな方にオススメ
  • 実店舗で店員さんから話しかけられるのが苦手
  • 自分に似合う服が見つけられない
  • オシャレしたいけどファッションが億劫

会員数25万人を誇るDcollectionは、”Smart wear, Smart life”をブランドコンセプトに、我々カスタマーに「スキを楽しむ生活」を提案する、提案型のファッション通販サイトです。

商品ページはこんな感じで「サイズ」や「カラー」、「おすすめ順」でソートができるようになっていて、また各アイテムについても実際にモデルさんが着用している写真付きなので、気になるアイテムの着丈やシルエットを客観的に見ることができるのもポイントです。

このように毎月の厳選アイテムを表示してくれるので、その月のシーズンアイテムで特にDcollectionのオススメを簡単にチェックすることもできます。